会について

生化学若い研究者の会(通称:生化若手の会)は、日本生化学会後援のもと、生命科学(生化学・分子生物学・バイオテクノロジーなど)の分野に興味を持つ大 学院生を中心に構成され、全国各地でシンポジウムやセミナーなどの活動を行い、若い研究者のネットワーク作りを進めています。

日ごろ皆さんは研究室内、大学内、限られた専門分野の人達との交流だけになっていませんか?自分の専門分野を確立しそれを深めていく時期に、個々の専門分 野で活躍している方たちとの交流は非常に大切です。しかし、一方で様々な生命科学の分野の人達との交流を通し自分の視野を広げていく事も重要だと思います。 私たち生化若手の会には、いろいろな分野の研究者とその卵が集まっています。お互いに良い刺激を与え合いながら、 自分の研究スタイルを確立していきたいと考えています。

生化若手の会は、センター事務局を中心に、夏の学校事務局と、北海道・東北・関東・名古屋・北陸・京都・中国四国・九州支部の8支部とにより構成されてい ます。毎年8月頃に、全国規模の夏の学校を開催しています。また、日頃は、各支部ごとに、セミナーや勉強会・交流会を行うことになっています。

 

 センター事務局長 西村亮祐(東北大学 大学院生命科学研究科)

お問い合わせ

生化若手の会について : 夏の学校 事務局 jimukyoku at seikawakate.org

夏の学校について   : 夏の学校 事務局 jimukyoku at seikawakate.org

支部活動について   : 各支部長(支部活動のページへ

ウェブサイトについて : 生化若手の会 web担当 web-admin at seikawakate.org

キュベットについて  : キュベット委員会 pne-cuvette at seikawakate.org

 

会則

会則はこちら

 

リンク

 








© 2015 生化学若い研究者の会 all rights reserved.