2010/11/30 (火)

お知らせ,イベント : BMB2010「もう一度根本から考えなおそう、男女共同参画」

 

——
今年のBMB2010のフォーラム企画において、
12月7日(火)18:15~19:45にフォーラム企画を行います。

突然ですが、家庭を持ちますか?
研究とライフイベント(結婚、出産、育児)をどう両立していきますか?
若手が研究しやすい環境をどうつくっていけばよいと思いますか?
世の中で共働き世帯が増えていく中で、男性の育児協力も必要不可欠になっています。

聞いたことはあるけど、よくわからない”男女共同参画”の取り組み。
若手ならではの視点で、この問題についてみなさんで、考えていきます。

なお、本フォーラムに関しては、
BMB2010への学会参加登録されていない方でも参加できます。
もし学会登録していないが、本フォーラムに参加したいという方がおりましたら、
急ですみませんが12月2日12時までに、所属とお名前を
飯島(iijima-leo@@bio.eng.osaka-u.ac.jp)までご連絡ください。
*@を1つ減らしてお送りください

 

ぜひ足をお運びください。何卒よろしくお願いします。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
BMB2010 フォーラム企画
1F19  もう一度根本から考えなおそう、男女共同参画
Let’s think it over, the gender equality for young life scientists.
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
http://www.aeplan.co.jp/bmb2010/program/forum.html

 

日時:12月7日(火) 18:15~19:45
会場:第19会場(国際展示場2号館2階 2B)
オーガナイザー:
飯島玲生(大阪大学大学院、生化学若い研究者の会代表)
谷中冴子(東京大学大学院、生化学若い研究者の会)

 

近年、女性研究者支援の必要性が広く認識されるようになり、女性が出産や
育児といったライフイベントと研究活動を両立しやすい環境を整えるための動きが
全国の大学や研究機関でみられるようになった。女性研究者支援は、出産や育児
を考慮し、研究者になることを選択しにくい女性に機会を与える試みであり、研究者
の育成という長期的な視点から評価されるべきものである。しかし短期的な視点から、
女性研究者が出産・育児を行っている間の研究活動の低下がデメリットとして指摘
されがちである。このデメリットを、どのように補うべきであろうか。
一方で、女性研究者を必要以上に優遇すると、男性研究者の機会を奪うことになる。
男女共同参画が適切に行われているかどうかを、どのように評価するのがよいのだろうか。
また、全国で女性支援の動きが広がっているが、どの程度女性のライフイベントを考慮し、
どの程度支援策を展開していくべきなのだろうか。
本フォーラムでは、女性の若手研究者支援に関してメリット・デメリットを対立させながら
議論することで、若手研究者の視点から改めて女性支援の必要性を再考し、理想の
若手研究者支援のあり方、女性支援だけに留まらない、広い意味での男女共同参画を考える。

 

18:15~18:20 はじめに
谷中冴子(東京大学大学院)
18:20~18:35 男女共同参画を若手が考える意義
飯島玲生(大阪大学大学院)
18:35~18:50   東京大学の男女共同参画の取組み
三浦有紀子(東京大学男女共同参画室)
18:50~19:20   若手の声
高崎真美(筑波大学人間総合科学研究科)
藤原慶(京都大学物質-細胞統合システム拠点)
柳澤実穂(京都大学理学研究科)
砂田麻里子(東京大学理学系研究科)
19:20~19:45   総合討論
司会:飯島玲生(大阪大学大学院)
コメンテーター:
大坪久子(日本大学総合科学研究所)

 

連絡先:飯島玲生(iijima-leo@@bio.eng.osaka-u.ac.jp)
(送付の際は@を1つ減らしてください)

 

——————-
大阪大学大学院
生命機能研究科
一貫制博士課程4年
飯島玲生
Tel: 06-6879-4151
Fax: 06-6879-7433
E-mail:
iijima-leo@@bio.eng.osaka-u.ac.jp
(送付の際は@を1つ減らしてください)
生化学若い研究者の会 センター事務局長
http://www.seikawakate.org









© 2017 生化学若い研究者の会 all rights reserved.