2011/5/9 (月)

お知らせ : 支援金募集のお知らせ

2011年3月11日に発生しました「東北地方太平洋沖地震」により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、 被災された皆さまの生活が一日も早く平穏に復することをお祈り申し上げます。

私たち生化学若い研究者の会では、被災された若手研究者の学術活動を何らかの形で支援できればと考え、 「第51回 生命科学夏の学校」や当会が主催するセミナー等への参加費及び交通費の補助を被災地の若手研究者に対し行うことに決定いたしました。 しかしながら、当会は参加者・運営者の大半が学生であり非営利的な組織であるため、支援できる額は多くありません。 そこで、この支援をより効果のあるものとするために、当会で支援金を募集することにいたしました。

「夏の学校」を始めとしたセミナーへの参加による若手研究者間の交流は、若手研究者にとって非常に重要です。 震災によりその機会が損なわれることは、生命科学の将来を担う若手研究者にとって大きな損失となります。 当会では今回募集します支援金が、そのような事態の軽減や、被災された若手研究者の復興の一助となることを願っております。

支援金募集方法や支援内容等の詳細は、下記に示してあります。支援金を振り込まれた企業の一覧は「第51回 生命科学夏の学校」と当会ホームページ(http://www.seikawakate.org)にて掲示させていただきます。

当会が行っているアンケート結果や(http://www.seikawakate.org/archives/1340)、 各所で報告されている被災状況を見る限り、東北在住の若手研究者が受けている被害は甚大です。 生命科学分野の若手研究者支援のため、お力添えを頂けますよう何卒宜しくお願い致します。

大阪大学大学院 生命機能研究科

飯島玲生(生化学若い研究者の会 センター事務局長)

 

支援金募集方法

  • ー口:50000円
  • 受付期間:5月6日~6月10日
  • 当会へ支援金を振り込まれる企業は、振込口座を連絡しますので、sien@seikawakate.orgまで振込人名義と住所をお知らせ下さい。
  • お知らせ頂いた住所へは、支援金受領書を2011年6月中旬に送付いたします。 また、集まった支援金額と詳細な使用用途も2011年度末に封書にてご報告させていただきます。
  • 支援金を振り込まれた企業の一覧(名称のみ)は、「第51回 生命科学 夏の学校」と当会ホームページ(http://www.seikawakate.org)で発表いたします。 当会ホームページでの発表時には、当会ホームページから各企業のホームページ へリンクを貼らせていただきます。
  • 振込口座の口座名義人は、生化学若い研究者の会の代表者になっています。

 

支援金使用用途

  • 被災者が当会主催の「第51回 生命科学夏の学校」に参加する際に必要となる資金(交通費、宿泊費、食費)の補助。
  • 復興後の被災地(東北地方)での若手研究者セミナーの開催(予定)
  • 支援の対象とする被災者は、当会が行っているアンケート調査に基づいて決定する。 (http://www.seikawakate.org/archives/1340、 4月8日の時点で、東北在住の若手研究者数名から回答を得ている。)
  • 被災者への支援額は、被災者の所在地、被災状況、被災者の参加人数により適宜変更する。 その支援額は、被災者1人につき最大4万円までとする。









© 2018 生化学若い研究者の会 all rights reserved.