2014/7/24 (木)

お知らせ,メルク賞 : 第7回メルク賞受賞者決定のお知らせ

第7回メルク賞-Merck Award for Young Biochemistry Researcher-につきまして、

2013年7月に開催されました選考委員会において厳正な審査が行われ、

下記のとおり決定しましたのでお知らせします。
今回は合計20件の応募がありました。



最優秀賞(1名)
千葉大学大学院医学薬学府    博士課程3年生 
尾畑佑樹様
The epigenetic regulator Uhrf1 facilitates proliferation and maturation of colonic regulatory T cells
Nature Immunology 15, 571-579 (2014)

優秀賞(2名)
東京大学分子細胞生物学研究所  日本学術振興会特別研究員(SPD) 
小林穂高様
1. Rab35 establishes the EHD1-association site by coordinating two distinct effectors during neurite outgrowth
2. Rab35 is translocated from Arf6-positive perinuclear recycling endosomes to neurite tips during neurite outgrowth
1. Journal of Cell Science, 126, 2424-2435 (2013)
2. Small GTPases, e29290 (2014)


名古屋大学大学院理学研究科    博士後期課程3年生 
白瀧千夏子様

Inhibition of Heme Uptake in Pseudomonas aeruginosa by its Hemophore (HasAp) Bound to Synthetic Metal Complexes

Angewandte Chemie International Edition, 53 pp.2862-2866 (2014)



なお授賞式は、2013年8月に滋賀県白浜荘にて開催される「生化学若い研究者の会第54回生命科学夏の学校」初日(8月28日(木))に行い,

併せてポスター発表も行っていただきます。受賞された3名の方々はもとより、ご応募いただきました皆様方の今後の研究の発展を大いに期待しております。
なお本メルク賞は今回を持ちまして発展的解消のため最終回とさせていただきます。
ご応募大変ありがとうございました。



2014/1/25 (土)

お知らせ,イベント,メルク賞 : 第7回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」(メルク賞)の要項

第7回メルク賞のお知らせ

 

The 7th Merck Award for Young Biochemistry Researcher

メルクミリポアでは、日本生化学会・生化学若い研究者の会(生化若手の会)のご後援の下、「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」を開設しています。この賞は、生命科学分野の若手研究者の研究活動を奨励することを目的として、特にプロテオミクス・タンパク質発現・がん・疾病研究関連の優れた研究成果を収めている大学院生、ポストドクター等を対象としています。受賞者は「生化学若い研究者の会 第54回生命科学夏の学校」にて表彰されます。

主催:メルク株式会社メルクミリポア事業本部 後援:日本生化学会・生化学若い研究者の会(生化若手の会)

 

1. 趣旨 本賞は、将来を担う若い研究者のうち、生命科学分野において高い水準の研究活動を続け、かつ将来性のある者を表彰することにより、創造的な研究活動を奨励することを目的としています。

2. 応募内容 生命科学分野、特にプロテオミクス・タンパク質発現・がん・疾病研究関連の優れた研究論文

3. 応募資格 ・ 大学院生、ポストドクター等の若手研究者であること。(常勤の大学職員、研究員は応募をご遠慮ください。) ・ 学術論文(査読付き)を2013年1月以降に発表していること、あるいは受理確認されていること。 ・ 論文に、メルクミリポア製品の使用が明記されていることが望ましい。

4. 表彰 受賞者は最優秀賞1名,優秀賞2名とし,最優秀賞奨励金10万円,優秀賞奨励金5万円とします。 奨励金の他に,生化学若い研究者の会 夏の学校参加費・旅費補助として別途5万円を支給します。 選考結果は,メルク株式会社及び生化学若い研究者の会のホームページで発表し,「生化学若い研究者の会 第54回生命科学夏の学校」にて授賞式を行います。

5. 応募締め切り 2014年7月11日(金)弊社到着分まで

6. 応募方法 以下のExcelファイルの応募用紙をダウンロードし、その用紙に必要事項を記入の上、応募論文の別刷りと業績リスト(A4判)を添付して郵送してください。

» 応募用紙のダウンロード(Excel)

7. 選考方法 応募のあった研究論文について、選考委員会において、厳正に審査・選考します。 選考委員長: 日本生化学会前理事 岡山大学大学院 環境生命科学研究科 教授 稲垣 賢二先生

8. 応募上の注意事項 ・ 応募論文は原則として返却いたしませんのであらかじめご了承ください。 ・ 他機関の賞への応募中の論文あるいは作品も応募することは可能です。ただし、その論文あるいは作品が他機関の同様の賞を受賞された場合は選考の対象外となります。 ・「生化学若い研究者の会 第54回生命科学夏の学校にて授賞式を行いますので,ご参加いただけることが受賞の前提になります。

 メルク賞の要項はPDFでもダウンロードしてご覧いただけます。  » メルク賞の要項(PDF)

論文提出先・お問合せ先 〒153-8927 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー5F メルク株式会社メルクミリポア事業本部バイオサイエンス事業部内 Merck Award for Young Biochemistry Researcher 事務局 担当:金子宛 Tel:0120-633-358 E-メール:jpmcom@merckgroup.com



2013/8/1 (木)

お知らせ,イベント,メルク賞 : 第6回メルク賞:選考結果のお知らせ

第6回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」につきまして、2013年7月30日(火)に開催されました選考委員会において厳正な審査が行われ、下記のとおり決定致しましたのでお知らせ致します。

  • 最優秀賞(1)
         大阪大学免疫学フロンティア研究センター 学術振興会特別研究員(PD)
         丸山 健太 様
  • 優秀賞(2名)
         東京大学大学院理学研究科生物科学専攻 博士課程1年
         馬谷 千恵 様 
        
         山梨大学大学院医学工学総合研究部 医学部医学科5年
         城野 悠志 様

 

 なお授賞式は、「生化学若い研究者の会 第53回生命科学夏の学校(2013年8/30~9/1(伊豆熱川ハイツ)」の開校式の中で行い、併せてポスター発表も行っていただきます。受賞された3名の方々はもとより、ご応募いただきました皆様方の今後の研究の発展を大いに期待しております。次回も是非多数応募ください。

ご質問、ご意見、ご希望等ございましたら、お問合せ までご連絡ください。



2013/5/13 (月)

お知らせ,イベント,メルク賞 : 第6回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」(メルク賞)の要項

第6回メルク賞のお知らせ

 

The 6th Merck Award for Young Biochemistry Researcher

メルクミリポアでは、日本生化学会・生化学若い研究者の会(生化若手の会)のご後援の下、「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」を開設しています。この賞は、生命科学分野の若手研究者の研究活動を奨励することを目的として、特にプロテオミクス・タンパク質発現・がん・疾病研究関連の優れた研究成果を収めている大学院生、ポストドクター等を対象としています。受賞者は「生化学若い研究者の会 第53 回生命科学夏の学校」にて表彰されます。奮ってご応募ください。

 

主催:メルク株式会社メルクミリポア事業本部 後援:日本生化学会・生化学若い研究者の会(生化若手の会)

 

1. 趣旨
本賞は、将来を担う若い研究者のうち、生命科学分野において高い水準の研究活動を続け、かつ将来性のある者を表彰することにより、創造的な研究活動を奨励することを目的としています。

2. 応募内容
生命科学分野、特にプロテオミクス・タンパク質発現・がん・疾病研究関連の優れた研究論文

3. 応募資格 
・大学院生,ポストドクター等の若手研究者であること。(常勤の大学職員、研究員は応募をご遠慮ください。)
・学術論文(査読付き)を2012年1月以降に発表していること、あるいは受理確認されていること。
・論文に、メルクミリポア製品の使用が明記されていることが望ましい。

4. 表彰
受賞者は最優秀賞1名,優秀賞2名とし,最優秀賞奨励金10万円,優秀賞奨励金5万円とします。 奨励金の他に,生化学若い研究者の会 夏の学校参加費・旅費補助として別途5万円を支給します。 選考結果は,メルク株式会社及び生化学若い研究者の会のホームページで発表し,「生化学若い研究者の会 第53回生命科学夏の学校」にて授賞式を行います。

5. 応募締め切り
2013年7月12日(金)必着 7月22日(月)正午必着

6. 応募方法
以下のExcelファイルの応募用紙をダウンロードし、その用紙に必要事項を記入の上、応募論文の別刷りと業績リスト(A4判)を添付して郵送してください。

» 応募用紙のダウンロード(Excel)

7. 選考方法
応募のあった研究論文について、選考委員会において、厳正に審査・選考します。

選考委員長:
日本生化学会前理事
岡山大学大学院 環境生命科学研究科
教授 稲垣 賢二先生

8. 応募上の注意事項
・応募論文は原則として返却いたしませんのであらかじめご了承ください。
・他機関の賞への応募中の論文あるいは作品も応募することは可能です。ただし、その論文あるいは作品が他機関の同様の賞を受賞された場合は選考の対象外となります。
・「生化学若い研究者の会 第53回生命科学夏の学校にて授賞式を行いますので,ご参加いただけることが受賞の前提になります。

 

メルク賞の要項はPDFでもダウンロードしてご覧いただけます。 » メルク賞の要項(PDF)

 

論文提出先・お問合せ先
〒153-8927 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー5F
メルク株式会社 メルクミリポア事業本部バイオサイエンス事業部内
Merck Award for Young Biochemistry Researcher 事務局 担当:金子宛
Tel:0120-633-358
Eメール:jpmcom@merckgroup.com

 



2012/6/26 (火)

お知らせ,メルク賞 : 第5回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」(メルク賞)要項-募集延長のお知らせ

主催   メルク株式会社

後援   日本生化学会、生化学若い研究者の会

 

1. 趣旨
本賞は、将来を担う若い研究者のうち、生命科学分野において高い水準の研究活動を続け、かつ将来性のある者を表彰することにより、創造的な研究活動を奨励することを目的としています。

 

2. 応募内容
生命科学分野、特にプロテオミクス・タンパク質発現・がん・疾病研究関連の優れた研究論文

 

3. 応募資格
・ 大学院生,ポストドクター等の若手研究者であること。(常勤の大学職員、研究員は応募をご遠慮ください。) 
・ 学術論文(査読付き)を2011年1月以降に発表していること、あるいは受理確認されていること。
・ 論文に、メルク (Calbiochem / Novagen)製品の使用が明記されていることが望ましい。

 

4. 表彰
受賞者は最優秀賞1名,優秀賞2名とし,最優秀賞奨励金10万円,優秀賞奨励金5万円とします。 奨励金の他に,生化学若い研究者の会 夏の学校参加費・旅費補助として別途5万円を支給します。 選考結果は,メルク株式会社及び生化学若い研究者の会のホームページで発表し,「生化学若い研究者の会 第52回生命科学夏の学校」にて授賞式を行います。

 

5. 応募締め切り
2012年6月30日(必着) 7月15日に延長しました。

 

6. 応募方法
以下のExcelファイルの応募用紙をダウンロードし、その用紙に必要事項を記入の上、応募論文の別刷りと業績リスト(A4判)を添付して郵送してください。

応募用紙のダウンロード(Excel)

 

7. 選考方法
応募のあった研究論文について、選考委員会において、厳正に審査・選考します。
選考委員長:
日本生化学会前理事
岡山大学大学院自然科学研究科 バイオサイエンス専攻 教授
稲垣 賢二先生

 

8. 応募上の注意事項
・ 応募論文は原則として返却いたしませんのであらかじめご了承ください。
・ 他機関の賞への応募中の論文あるいは作品も応募することは可能です。ただし、その論文あるいは作品が他機関の同様の賞を受賞された場合は選考の対象外となります。
・「生化学若い研究者の会 第52回生命科学夏の学校にて授賞式を行いますので,ご参加いただけることが受賞の前提になります。

 

9. 提出先/問合せ先
〒153-8927 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー5F
メルク株式会社 メルクミリポア事業部 
マーケットコミュニケーションズグループ内 
Merck Award for Young Biochemistry Researcher 事務局 
担当: 森, 島尾あて 
Tel:03-5434-6232 
E-メール:jpmcom@merckgroup.com

 

 



2011/9/30 (金)

お知らせ,メルク賞 : 第4回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」の選考結果のお知らせ

第4回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」につきまして、2011年7月15日(金)に開催されました選考委員会において厳正な審査が行われ、下記のとおり決定致しましたのでお知らせ致します。今回は,合計12件の応募がありました。

  • 最優秀賞(1名)
    独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 応用微生物研究領域 発酵細菌ユニット
    鈴木 龍一郎 様
    「Crystal Structures of Phosphoketolase: thiamine diphosphate-dependent dehydration mechanism」J. Biol. Chem., 285. 34279 – 34287.

 

  • 優秀賞(2名)
    東京大学 新領域創成科学研究科メディカルゲノム専攻生命分子解析学分野
    谷中 冴子 様 
    「Non-core region modulates interleukin-11 signaling activity: Generation of agonist and antagonist variants.」J Biol Chem. 286. 8085-8093. 

    山梨大学大学院 医学工学総合教育部 分子情報伝達学講座
    中嶋 正太郎 様 
    「Selective abrogation of BiP/GRP78 blunts activation of NF-κB through the ATF6 branch of the UPR: involvement of C/EBPβ and mTOR-dependent dephosphorylation of Akt.」Molecular and Cellular Biology 31:1710-1718, 2011

 

なお授賞式は、「生化学若い研究者の会 第51回生命科学夏の学校(2011/9/2-4:八王子セミナーハウス)」の閉会式の中で行い,併せてポスター発表も行っていただきます。受賞された3名の方々はもとより,ご応募いただきました皆様方の今後の研究の発展を大いに期待しております。次回も是非多数応募ください。

 

ご質問、ご意見、ご希望等ございましたら、お問合せ までご連絡ください。

 



2011/5/19 (木)

お知らせ,イベント,メルク賞 : 第4回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」の要項

第4回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」(メルク賞)の要項

主催   メルク株式会社
後援   日本生化学会、生化学若い研究者の会

 

1. 趣旨
本賞は、将来を担う若い研究者のうち、生命科学分野において高い水準の研究活動を続け、かつ将来性のある者を表彰することにより、創造的な研究活動を奨励することを目的としています。

 

2. 応募内容
生命科学分野、特にプロテオミクス・タンパク質発現・がん・疾病研究関連の優れた研究論文

 

3. 応募資格
・ 大学院生,ポストドクター等の若手研究者であること。(常勤の大学職員、研究員は応募をご遠慮ください。) 
・ 学術論文(査読付き)を2010年1月以降に発表していること、あるいは受理確認されていること。
・ 論文に、メルク (Calbiochem / Novagen)製品の使用が明記されていることが望ましい。

 

4. 表彰
受賞者は最優秀賞1名,優秀賞2名とし,最優秀賞奨励金10万円,優秀賞奨励金5万円とします。 奨励金の他に,生化学若い研究者の会 夏の学校参加費・旅費補助として別途5万円を支給します。 選考結果は,メルク株式会社及び生化学若い研究者の会のホームページで発表し,「生化学若い研究者の会 第51回生命科学夏の学校」にて授賞式を行います。

 

5. 応募締め切り
2011年6月30日(必着)
→2011年7月12日(必着)に延長

 

6. 応募方法
以下のExcelファイルの応募用紙をダウンロードし、その用紙に必要事項を記入の上、応募論文の別刷りと業績リスト(A4判)を添付して郵送してください。

応募用紙のダウンロード(Excel)

 

7. 提出先
〒153-8927 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー5F
メルク株式会社内 メルク賞 事務局

 

8. 選考方法
応募のあった研究論文について、選考委員会において、厳正に審査・選考します。
選考委員長:
日本生化学会理事
岡山大学大学院自然科学研究科 バイオサイエンス専攻 教授
稲垣 賢二先生

 

9. 応募上の注意事項
・ 応募論文は原則として返却いたしませんのであらかじめご了承ください。
・ 他機関の賞への応募中の論文あるいは作品も応募することは可能です。ただし、その論文あるいは作品が他機関の同様の賞を受賞された場合は選考の対象外となります。
・「生化学若い研究者の会 第51回生命科学夏の学校にて授賞式を行いますので,ご参加いただけることが受賞の前提になります。

 

10. 問合せ先
〒153-8927 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー5F
メルク株式会社内 メルク賞 担当係
Tel:03-5434-5034, Fax:03-5434-5076
E-メール:service@merck.co.jp

 

 



2010/8/7 (土)

イベント,メルク賞 : 第3回「メルク賞」の選考結果のお知らせ

第3回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」につきまして、2010年7月に開催されました選考委員会において厳正な審査が行われ、最優秀賞1名、優秀賞2名が決定致しました。

  • 最優秀賞(1名)
    東京大学大学院医学系研究科 病因・病理学専攻 分子病理学講座
    生島 弘彬 様
    「Autocrine TGF-β signaling maintains tumorigenicity of glioma-initiating cells through Sry-related HMG-box factors..」
    Cell Stem Cell. 2009 Nov 6;5(5):504-14.
  • 優秀賞(2名)
    京都大学物質-細胞統合システム拠点
    藤原 慶 様 
    「A systematic survey of in vivo obligate chaperonin-dependent substrates.」
    EMBO J. 2010 May 5;29(9):1552-64. Epub 2010 Apr 1.


    熊本大学大学院 薬学教育部 薬学生化学分野
    井上 睦美 様 
    「Uncoating of human immunodeficiency virus type 1 requires prolyl isomerase PIN1.」
    J Biol Chem. 2010 Aug 13.

 

詳細は生化学若手の会のページ、もしくはMerck Japanのサイトをご覧ください。



2009/12/16 (水)

イベント,メルク賞 : 第3回 メルク賞 要項

3回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」の要項

 

主催   メルク株式会社
後援   日本生化学会、生化学若い研究者の会

 

1. 趣旨
本賞は、将来を担う若い研究者のうち、生命科学分野において高い水準の研究活動を続け、かつ将来性のある者を表彰することにより、創造的な研究活動を奨励することを目的としています。

 

2. 応募内容
生命科学分野、特にプロテオミクス・タンパク質発現・がん・疾病研究関連の優れた研究論文

 

3. 応募資格
・ 大学院生,ポストドクター等の若手研究者であること。
・ 学術論文(査読付き)を2009年1月以降に発表していること、あるいは受理確認されていること。
・ 論文に、メルク (Calbiochem / Novagen)製品の使用が明記されていることが望ましい。

 

4. 表彰
受賞者は最優秀賞1名,優秀賞2名とし,最優秀賞奨励金10万円,優秀賞奨励金5万円とします。 奨励金の他に,生化学若い研究者の会 夏の学校参加費・旅費補助として別途5万円を支給します。 選考結果は,メルク株式会社及び生化学若い研究者の会のホームページで発表し,「生化学若い研究者の会 第50回生命科学夏の学校 (2010年9月3日(金)~5日(日)箱根高原ホテル( http://www.hakonekogenhotel.jp/ )」にて授賞式を行います。

 

5. 応募締め切り
2010年6月30日(必着)

 

6. 応募方法
メルク株式会社バイオ関連のホームページ( http://www.merck4bio.jp/ )の該当箇所よりExcelファイルの応募シートをダウンロードし、その用紙に必要事項を記入の上、応募論文の別刷りと業績リスト(A4判)を添付して郵送してください。

応募用紙のダウンロード(Excel)

 

7. 提出先
〒153-8927 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー5F
メルク株式会社PC-LB内 Merck Award for Young Biochemistry Researcher事務局

 

8. 選考方法
応募のあった研究論文について、選考委員会において、厳正に審査・選考します。
選考委員長:
日本生化学会理事
岡山大学大学院自然科学研究科 バイオサイエンス専攻 教授
稲垣 賢二先生

 

9. 応募上の注意事項
・ 応募論文は原則として返却いたしませんのであらかじめご了承ください。
・ 他機関の賞への応募中の論文あるいは作品も応募することは可能です。ただし、その論文あるいは作品が他機関の同様の賞を受賞された場合は選考の対象外となります。
・「生化学若い研究者の会 第50回生命科学夏の学校(2010年9月3日(金)~5日(日)箱根高原ホテル( http://www.hakonekogenhotel.jp/ )」にて授賞式を行いますので,ご参加いただけることが受賞の前提になります。

 

10. 問合せ先
〒153-8927 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー5F
メルク株式会社PC-LB内 Merck Award for Young Biochemistry Researcher担当係
Tel:03-5434-5034, Fax:03-5434-5076
E-メール:service@merck.co.jp

 










© 2017 生化学若い研究者の会 all rights reserved.