2010/8/7 (土)

イベント,メルク賞 : 第3回「メルク賞」の選考結果のお知らせ

第3回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」につきまして、2010年7月に開催されました選考委員会において厳正な審査が行われ、最優秀賞1名、優秀賞2名が決定致しました。

  • 最優秀賞(1名)
    東京大学大学院医学系研究科 病因・病理学専攻 分子病理学講座
    生島 弘彬 様
    「Autocrine TGF-β signaling maintains tumorigenicity of glioma-initiating cells through Sry-related HMG-box factors..」
    Cell Stem Cell. 2009 Nov 6;5(5):504-14.
  • 優秀賞(2名)
    京都大学物質-細胞統合システム拠点
    藤原 慶 様 
    「A systematic survey of in vivo obligate chaperonin-dependent substrates.」
    EMBO J. 2010 May 5;29(9):1552-64. Epub 2010 Apr 1.


    熊本大学大学院 薬学教育部 薬学生化学分野
    井上 睦美 様 
    「Uncoating of human immunodeficiency virus type 1 requires prolyl isomerase PIN1.」
    J Biol Chem. 2010 Aug 13.

 

詳細は生化学若手の会のページ、もしくはMerck Japanのサイトをご覧ください。










© 2017 生化学若い研究者の会 all rights reserved.