2012/1/26 (木)

お知らせ,名古屋支部 : 2012/01/28「プレゼン道場」開催のお知らせ

2011年度生物物理若手の会・生化学若い研究者の会合同セミナー
「プレゼン道場~異分野交流戦~」のお知らせ

この度、昨年に引き続き修士論文、卒業論文作成等で忙しい時期ではありますが、大学院生および学部生を対象にした研究成果発表の場として、「プレゼン道場 ~異分野交流戦~」という発表会を開催致します。
これは、修論発表、卒業研究発表を控えた学生さんたちに他分野の聴衆に対してプレゼンをしていただき、他分野の人はどのようなところに興味を持 ち、疑問に思っているのかを知っていただくことで、本番の発表に生かしていただくという機会を提供するものです。また、他の人の発表・質疑応答を聞くこと で、本番で発表する際のイメージをつかんだり、自分へのフィードバックも行うことができると考えております。
詳細は下記をご覧いただければ幸いです。

「プレゼン道場~異分野交流戦~」
日時2012年1月28日金曜日 14:00-18:00 終了後名古屋大学近辺にて研究交流会(懇親会)を予定しています
場所名古屋大学 理学部B館2階 化学第2講義室(リンク先D3-3番)
主催:生物物理若手の会中部支部/生化学若い研究者の会名古屋支部

◎発表形式

口頭での発表のみとします。発表時間につきましては、
A講演 15分(発表7分,質疑応答7分,交代1分)
B
講演 25分(発表12分,質疑応答12分,交代1分)
のどちらかとなります。

◎参加費

発表会参加費:無料
(懇親会費は実費となりますので、当日お支払いください)

飲み物とお菓子を用意させていただいておりますので、多くの方々の御来聴、質疑応答へのご参加をお待ちしております。

名古屋大学大学院理学研究科
安西 高廣
anzai@biochem.chem.nagoya-u.ac.jp

名古屋工業大学大学院工学研究科
片山 耕大
kkrunner0904@yahoo.co.jp

チラシはこちら(PDFファイル、864 kb)



2012/1/6 (金)

お知らせ,キュベット : 若手研究者のお財布事情アンケート結果

若手研究者、特に理系大学院生のお財布事情はどうなっているのでしょうか?その調査のため、生化学若い研究者の会が主催した「生命科学夏の学校」参加者を中心に、若手研究者93名(学部25名、大学院修士課程32名、博士課程28名、研究員8名)を対象とするアンケートを行いました。

調査目的

若手研究者の収入や貯金額のリアルな数字に加え、自己の経済状況に対する生の声を知ることにより、若手研究者の生活実態を伝える。

調査対象

第51回 生命科学 夏の学校参加者を中心とした理系若手研究者(学部生・大学院生・研究員)

調査時期

2011年9月から2011年11月

120107若手研究者のお財布事情アンケート結果










© 2015 生化学若い研究者の会 all rights reserved.