2014/12/13 (土)

九州支部 : 2015/1/10 冬のセミナー&懇親会のお知らせ

【冬のセミナー (1/10) 開催決定!】

1月に九州支部主催の冬のセミナーを開催致します。
今回のセミナーでは、「基礎研究」をキーワードに企業、研究所、

大学、それぞれの場所で研究を続けてこられた方々を講師としてお招きしております。「基礎研究を続けるには研究所しかない!?」「研究所と大学はどう違うの!?」そんな素朴な疑問に対する答えが見つかるかもしれません。九州支部初の試みとなるパネルディスカッションで、熱い議論を繰り広げましょう。
12/12 (金) より参加申込を受け付けておりますので、研究室の方、ご友人などお誘い合わせの上、奮ってお申し込み下さい。
※パネルディスカッションのテーマ募集は12/19 (金) までとさせて頂きます。

———————-
テーマ:「基礎研究を志す若者たちへ ~研究者からのメッセージ~」
日時:2015年1月10日 (土) 13:30-17:30
会場:九州大学病院キャンパス 医学部基礎研究A棟 1階セミナー室 (1E080)
Flash版: http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hospital/hospital.html
PDF版: http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hospital/hospital1.pdf
  (3番の建物です)
構成:
第一部 研究紹介
【企業】中原 光一 先生(サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社 研究部 上席研究員)
※演題未定

【研究所】古屋 茂樹 先生(九州大学大学院 農学研究院 生命機能科学部門 システム生物工学講座 生物機能デザイン研究室 教授、理化学研究所 脳科学総合研究センター 客員研究員)
「セリン合成不全疾患モデルマウスから非必須(可欠)アミノ酸の栄養代謝機能を捉え直す」

【大学】藤原 学 先生(九州大学大学院 理学研究院 生物科学部門 情報生物学講座 分子遺伝学研究室 助教)
「脳はどのように大人になるか ~線虫の神経系成熟の機構とそれに伴う行動変化の解析~」

第二部 “基礎研究” 立場変われば取り組み変わる!?(パネルディスカッション)
  企業、研究所、大学、同じ基礎研究でも研究機関が変わればアプローチは変わるのでしょうか?普段聞けない研究者の生の声を聞くチャンスです!
  ※パネルディスカッションのテーマを事前に募集致します(12/19まで)。当日議論したいテーマ又は質問がありましたら、参加申し込み時にメールにご記載下さい。
———————-

また、セミナー後に講師の先生方も交えて (新年会を兼ねた) 懇親会を開きます。こちらも是非ご参加下さい。
※セミナーのみ、又は懇親会のみの参加も可能です。
会場:博多黒鉄 今泉
福岡県福岡市中央区今泉1-23-7
http://www.hotpepper.jp/strJ000745425/
時間:18:30-20:30
会費:3,100円

■申込方法
以下の内容をご記載の上、申込先までメールで送付して下さい。申込締め切りは1/5(月)です。
1. 氏名
2. 所属、学年 (もしくは役職)
3. セミナー及び懇親会参加の有無
4. メールアドレス
5. パネルディスカッションで議論したいテーマ又は質問 (自由記載)
※メールの件名を「冬のセミナー」として下さい。
※複数名で同時にお申し込みされる場合も、各人について1~5の内容を明記して下さい。
※パネルディスカッションのテーマ募集は12/19 (金) までとさせて頂きます。
*****************
主催: 生化学若い研究者の会 九州支部
 http://www.seikawakate.org/sibu/kyushu










© 2015 生化学若い研究者の会 all rights reserved.