2015/6/17 (水)

東北支部 : 2015/07/04 東北支部初夏のセミナーのお知らせ

このたび、東北支部では、東北大学ライフサイエンス若手の会との合同セミナーを開催する運びとなりました。
全国の皆様からの参加をお待ちしております。

生化学若い研究者の会東北支部・東北大学ライフサイエンス若手の会 初夏の合同セミナー
【日時】平成27年7月4日(土)15:30~18:15(懇親会 19:00〜21:00)
【会場】東北大学星陵キャンパス 医学部仮設校舎2階 第1セミナー室
【日程】
15:00 受付開始
15:30 開会の挨拶(東北大LS若手の会 会長 木村さん)
15:40 – 16:40 第1部 招待講演 平岡優一先生(東北大学農学研究科)「小脳において抑制性神経及び放射状アストロサイト発生にNotch関連分子が果たす役割」
16:40 – 16:50 休憩
17:00 – 17:10 第2部 研究交流会 説明(生化若手の会東北支部 支部長 西村)
17:10 – 18:10 第2部 研究交流会
18:10 閉会の挨拶(生化若手の会東北支部 副支部長 金子くん)
19:00 – 21:00 懇親会

【プログラム詳細】
◎第一部 招待講演
講師:平岡 優一先生(東北大学農学研究科 博士研究員)
演題
「小脳において抑制性神経及び放射状アストロサイト発生にNotch関連分子が果たす役割」

要旨
 運動の制御や学習の中枢として知られる小脳は、明瞭な層構造や神経回路を構成する神経細胞の種類の少なさから形態学的・電気生理学的解析の対象とされ、その解析結果は神経科学の発展に大きく寄与してきた。その一方で小脳の発生に関する解析は大脳皮質と比較すると未だに不明な点が数多く残されている。
 今回は、小脳の抑制性神経細胞の発生と小脳の主要なアストロサイトであるBergmann Gliaの層形成において、Notchシグナル関連分子が果たす役割に関して、過去に東京医科歯科大学分子神経科学研究室で行った研究を紹介する。Notchシグナルは進化的に高度に保存された細胞間シグナル経路であり、多細胞生物の発生現象において重要な役割を果たすことで知られている。我々は2つのNotchシグナル関連分子について着目して解析を行い、NotchとNotchの代表的なリガンドであるDelta like 1(Dll1)がBergmann Gliaの層形成において重要な役割を果たし、さらにNotchの下流因子であるRBPjがNotch非依存的に小脳抑制性神経の発生制御に機能することを明らかにした。
 上記に加え、余った時間で現在東北大学分子生物学研究室での現在の研究についても一部ご紹介します。

◎第二部 研究交流会
目的
分野の垣根を越えた共同研究が世界中で盛んに行われている現在、他分野の研究者や一般市民に自分の研究を分かりやすく伝える技術は、研究者にとって必須のものとなりつつあります。
どのようなバックグラウンドを持つ若手研究者が集まっているのかを知り、参加者間の交流のきっかけを生み出すとともに、参加者のプレゼン技術の向上を目的とします。

要領
・自己紹介と研究紹介でスライド2枚、一人持ち時間2分で発表して頂きます。発表順は当日こちらで指示します。スムーズな発表者交替にご協力ください。
・幅広い学年(下は学部1〜2年生から)、専門分野の参加者が集まります。出来るだけ多くの方に理解してもらえるような内容を心掛けて発表を準備して下さい。
・スライド中に未発表のデータを含む際には、必ず指導教員の了承を得るようお願いいたします。
・スライドはどのようなソフトを用いて作成して頂いても構いませんが、必ずPDF形式に変換してご送付ください。(アニメーション使用不可)
・ファイル名には所属と名前を記載してください。例:東北大院生命M1_西村亮祐.pdf
・レーザーポインターはこちらで用意します。

【参加登録】
フォームによる参加登録と、研究交流会用発表スライドの送付の両方が必要となります。
懇親会のみ参加希望の方は所属する若手の会代表まで直接ご連絡下さい。
参加登録締切:6/27(土) 17:00
参加登録フォーム: http://goo.gl/forms/loQDtJNHtN
スライド送付締切:6/30(火) 17:00
スライド送付先: seikawakate.tohoku [at] gmail.com (PDF形式に変換、ファイル名に所属と氏名

【問い合わせ】
本セミナーに関して何か不明な点がございましたら、生化学若手の会東北支部( seikawakate.tohoku [at] gmail.com ) までお知らせください。

 



2015/6/14 (日)

お知らせ,イベント,関東支部 : 2015/06/27 関東支部夏のセミナーのお知らせ

この度、生化学若い研究者の会(生化若手の会)関東支部主催のセミナーを開催する運びとなりましたので、お知らせ致します。

【企画趣旨】
今回の企画は、「理系ドクターのキャリアパスについて考える」ことをテーマしております。
理系ドクターのキャリアは非常に多様だと思いますが、普段研究室で実験等をすすめている限りでは、アカデミア以外のキャリアパスをイメージしにくく、キャリアの多様性や博士の強みを知る機会があまり多くありません。
そこで、今回の企画では、普段お話を聞く機会が少ない企業勤務のOBの方をお呼びし、“Ph.D.をアカデミア以外で活かすにはどのような道があるか”を考えることで、自分の進む道と向き合い、研究への姿勢を見直すことを目的としています。
博士に在籍の方、進学予定の方はもちろん、進路に悩んでいる方や、学部・修士での就職を考えている方も、将来のキャリアパスを考えていく上で貴重なセミナーになるかと思いますので、みなさんご参加いただけましたら幸いです。

申し込み登録は以下のURLから6月20日(土)までにお願い致します。
尚、セミナー or 懇親会のみの参加も可能です。
ふるってご参加ください。
http://goo.gl/forms/Ab8nWbWKBj

【タイムスケジュール】
セミナーは下記のスケジュールで開催する予定でおります。
日時:6月27日(土)13:00〜17:30
場所:東大本郷キャンパス 医学部教育研究棟13階 第6セミナー室
(地図http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html)

12:30-    受付開始
13:00- 15:50 講師によるご講演
     13:00- 13:40 赤間 悟さん (国内電機メーカー)
     13:40- 14:20 畑 敬士さん (外資系消費財メーカー 開発職)
     14:20- 14:30 休憩
     14:30- 15:10 宮武 祐樹さん (国家公務員)
     15:10- 15:50 中村 利通さん (国内製薬企業 研究職)
4名の講師の方に、40分ずつ(ご講演:30分、質疑:10分)ご登壇頂きたいと考えています。
15:50- 16:05 休憩
16:05- 17:30 質問・交流会(20分程度×3セットで毎回移動)
参加者と講師の方が、よりざっくばらんに理系キャリアについて話していただく機会を設けたいと思っております。
18:00- 懇親会
    千年の宴 本郷三丁目駅前店
    ほのか 飲み放題付コース 2h 3500円
    http://r.gnavi.co.jp/gcku346/

【ご講演いただく内容について】
前半のご講演では、それぞれの講師の方にご自身のキャリアについてや、後輩学生に向けた教訓やメッセージを40分程でお話ししていただきます。
現在の進路に進まれた経緯/ 現在のお仕事について(お話しいただける範囲で)/ ご自身が考える企業・社会が求める人材とは/ Ph.D.の利点と欠点/就職における心得/ 就活秘話/ 学生の内に取り組んでおくべきことetc.

参加者が、理系の多様なキャリアや進路選択について学ぶ機会となればと考えております。

====================================
ご質問・ご意見などがございましたら、参加登録フォームまたは関東支部メールアドレス(kanto-sibu@seikawakate.org)までお気軽にお問い合わせ下さい。
皆さまのご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

主催:生化学若い研究者の会(生化若手の会)関東支部



2015/6/12 (金)

九州支部 : 2015/07/05 九州支部 夏のセミナーのお知らせ

この度、生化学若い研究者の会(生化若手の会)九州支部主催の夏のセミナーを
開催する運びとなりましたので、お知らせ致します。
今回のセミナーでは、生化若手の会九州支部だからこそできる「繋がり」を意識したセミナーを行います。
講師としてお招きする鵜木元香先生は、米国国立癌研究所や理研での研究活動を経て、
現在九州大学にてエピジェネティクス制御の研究をされている経験豊富な先生です。
セミナーでは研究紹介に加え、先生のこれまでの研究人生についてもお聞きする予定です。
研究交流会では、自身の研究紹介から研究室の話や将来のことなど様々なお題でたくさんの人と交流を深めましょう。現在研究室選びで迷っている方、他の研究室の様子が気になる方、進路のことでモヤモヤしている方、大歓迎です!
———————-
「研究の輪を広げよう! -私たちの今とこれからー」
日時:7月5日(日) 14:00~17:30
場所:九州大学 病院キャンパス コラボステーションI 共同セミナー室A、B
http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hospital/hospital.html
対象:現在研究に携わっている人、これから研究に携わる予定の学生
参加費:無料
構成:
【第一部 講師講演】(講演45分+質疑応答15分)
鵜木 元香 先生
(九州大学 生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 助教)
「エピジェネティクス制御機構の理解を目指して
〜DNAメチル化結合タンパク質UHRF1の発見から今までとこれから〜」
【第二部 研究交流会】
 班に分かれて交流会を行います。多くの若手研究者と繋がりを深めましょう!
———————-
また、セミナー後に懇親会を開催いたします。
こちらにもぜひご参加ください。*セミナーのみの参加も可能です。

場所:かりん 天神大名店
http://www.hotpepper.jp/strJ001000689/
時間:18:30~20:30
参加費:3300円

<申し込み方法>
以下の内容をご記載の上、申込先までメールにて送付してください。
申込締切は6月29日(月)です。
1 氏名
2 所属、学年(もしくは役職)
3 セミナー及び懇親会の参加の有無
4 メールアドレス
*メールの件名を「夏のセミナー」としてください。
*複数名で同時にお申し込みされる場合、各人について1~4の内容を明記してください。
*セミナー・懇親会ともに席に限りがございます。多数お申し込みがあった場合は、
学生・ポスドクを優先した先着順とさせていただきます。予め、ご了承ください。

<申し込み先>
生化学若い研究者の会 九州支部
seikawakate.kyushu(at)gmail.com
*(at)を@に変えてください。
*****************
主催:生化学若い研究者の会(生化若手の会)九州支部










© 2015 生化学若い研究者の会 all rights reserved.