生化学若い研究者の会
2009/09/27 Sunday 00:02:42 JST
Home
生化若手の会とは?
2009年 夏の学校
創立50周年記念行事
第2回 Merck Award
過去の夏の学校
支部活動
キュベット
会則
問い合わせ
リンク
サイトマップ
検索

2007 夏の学校 ワークショップ一覧
(タイトルからは講演要旨、講師名からは各講師のHPに移動できます)


8月3日(金)


14:00-15:30

「病原体認識受容体とそのシグナル」
審良静男先生(大阪大学微生物病研究所)

「製薬産業の現状と創薬の将来展望」
青木初夫先生(アステラス製薬代表取締役会長、日本製薬工業協会会長)

「実験生物学者のための遺伝子発現解析リテラシー」(注 2コマ通し)
二階堂愛先生(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター)

15:45-17:15

「研究下流社会をぶっとばせ!幸せをつかむためのサバイバル術」
榎木英介先生(NPO法人サイエンス・コミュニケーション代表理事)

「バイオ医療オミックス情報学:創薬・育薬への期待と課題」
竹本佳弘先生(東京医科歯科大学 情報医科学センター、株式会社SeedSeek代表取締役)

「実験生物学者のための遺伝子発現解析リテラシー」(注 2コマ通し)
二階堂愛先生(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター)



8月4日(土)


9:00-10:30

「ウェット実験者のためのバイオインフォマティクス入門・・配列情報解析と蛋白質機能解析を中心に」
廣明秀一先生(神戸大学医学系研究科)

「人工万能幹(iPS)細胞の可能性と課題」
山中伸弥先生 (京都大学再生医科学研究所)

「小脳皮質の層形成を司るニューロンの配置と配線のメカニズム」
見学美根子先生
(理化学研究所脳科学総合研究センター)


10:45-12:15

「バイオインフォマティクスとは何か?」
秋山泰先生(東京工業大学情報理工学研究科)

「1分子ナノサイエンス-生命機能とゆらぎ-」
柳田敏雄先生(大阪大学生命機能研究科、大阪大学医学系研究科)

「知性の神経生物学」
入來篤史先生 (理化学研究所脳科学総合研究センター、東京医科歯科大学医歯学総合研究科)




8月5日(日)

9:00-10:30

「生命は人工合成できるか - ありえた生命の追求による科学とその応用」
木賀大介先生(東京工業大学総合理工学研究科)

キャリアセミナー「ベンチャーという選択肢」
沖本優子先生(みずほ証券株式会社)

10:45-12:15

「生物現象をめぐる進化の『なぜ』」
長谷川眞理子先生(総合研究大学院大学先導科学研究科)

「理系人はイメージマップでキャリアチェンジできる!」
山本伸先生(ジェンザイム・ジャパン株式会社)
 
Copyright © 1997-2008 生化学若い研究者の会. All Rights Reserved.