第2回メルク賞:選考結果のお知らせ

第2回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」につきまして、2009年7月17日(金)に開催されました選考委員会において厳正な審査が行われ、下記のとおり決定致しましたのでお知らせ致します。今回は,合計14件の応募がありました。

  • 最優秀賞(1名)

   筑波大学大学院 生命環境科学研究科/先端学際領域研究センター 廣田 恵子 先生 「A combination of HNF-4 and Foxo1 is required for reciprocal transcriptional regulation of glucokinase and glucose-6-phosphatase genes in response to fasting and feeding.」J.Biol.Chem.283,32432-32441(2008)

 

  • 優秀賞(2名)

   静岡大学農学部応用生物化学科 尾形 慎 先生 1) 「Chemoenzymatic synthesis of sialoglycopolypeptides as glycomimetics to block infection by avian and human influenza viruses」 Bioconjugate Chem.,2009,20(3),538-549. 2) 「Molecular design of spacer-N-linked sialoglycopolypeptide as polymeric inhibitors against influenza virus infection」, Biomacromolecules 2009, in press(2009)MBR>

  京都大学大学院医学研究科 博士課程2年 佐野 晃之 先生 「Regulation of the innate immune response by threonine-phosphatase of Eyes absent」Nature, 460, 520-524 (2009)

 

なお授賞式は、「生化学若い研究者の会 第49回生命科学夏の学校(2009/8/28-30神戸セミナーハウス)」の開会式の中で行い,併せてポスター発表も行っていただきます。受賞された3名の方々はもとより,ご応募いただきました皆様方の今後の研究の発展を大いに期待しております。








© 2015 生化学若い研究者の会 all rights reserved.