第5回メルク賞:選考結果のお知らせ

第5回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」につきまして、2012年7月に開催されました選考委員会において厳正な審査が行われ、下記のとおり決定致しましたのでお知らせ致します。今回は,合計11件の応募がありました。

  • 最優秀賞(1名)

  米国ミシガン大学 博士研究員 北西 健一 様 「Identification and Functional and Spectral Characterization of a Globlin-coupled Histidine Kinase from Anaeromyxobalter sp. Fw109-5」 J. Biol. Chem. 286, 35522-35534 (2011)

 

  • 優秀賞(2名)

   東京大学医学部付属病院 日本学術振興会特別研究員 豊田 優 様 「Acetaminophen-induced hepatotoxicity in a liver tissue model consisting of primary hepatocytes assembling around an endothelial cell network」 Drug Metab. Dispos.,40 (1): 169-77, 2012

 
  東京大学大学院理学研究科 博士課程2年生 加藤 英明 様 「Crystal structure of the channelhodopsin light-gated cation channel」 Nature 482, 369-74

 

なお授賞式は、「生化学若い研究者の会 第52回生命科学夏の学校(2012/8/24-6)」で行い,併せてポスター発表も行っていただきます。受賞された3名の方々はもとより,ご応募いただきました皆様方の今後の研究の発展を大いに期待しております。








© 2015 生化学若い研究者の会 all rights reserved.