第1回メルク賞:選考結果のお知らせ

 

第1回「Merck Award for Young Biochemistry Researcher」につきまして、2008年7月4日(金)に開催されました選考委員会において厳正な審査が行われ、下記の様に決定致しましたのでお知らせ致します。今回は,合計19件の応募がありました。

 

  • 最優秀賞

  「Fibril Formation of hsp10 Homologue Proteins and Determination of Fibril Core Regions:Differences in Fibril Core Regions Dependent on Subtle Differences in Amino Acid Sequence」J. Mol. Biol., 377, 1593-1606 (2008) 大阪大学蛋白質研究所 特任研究員 八木寿梓様

 

 

 

  • 優秀賞

  「Crystal structure of the MgtE Mg2+ transporter」Nature, 448, 1072-1075 (2007) 東京工業大学大学院生命理工学研究科 博士課程2年生 服部素之様

 

 

 

受賞論文はもちろんのこと,受賞されなかった応募者の論文のいずれもその内容の質が高く、しかも独創性に富んだものであり、選考委員の方々も選考に大変苦労されたと聞いております。なお授賞式は、「生化学若い研究者の会 第48回生命科学夏の学校(2008/8/1-3八王子セミナーハウス)」の開会式の中で行い,併せてポスター発表も行っていただきます。受賞された2名の方々はもとより,ご応募いただきました皆様方の今後の研究の発展を大いに期待しております。

 








© 2017 生化学若い研究者の会 all rights reserved.