ワークショップ

 

8/30 (Fri)

 14:15~15:00

基調講演
○細胞と発生の狭間を歩む
竹市 雅俊 先生 (独立行政法人 理化学研究所 発生・再生総合研究センター)

 15:50~17:20

WS1A
○創薬標的膜タンパク質のX線結晶構造解析に向けた技術開発の現状
村田 武士 先生 (千葉大学大学院 理学研究科)
WS1B
○科学をデザインする、科学でアートする
佐藤 暁子 先生 (東京大学 生産技術研究所)

 17:30~19:00

WS2A
○「ファーマドリームの実現を目指して」~認知症薬を生んだ男~
杉本 八郎 先生 (同志社大学 脳科学研究所 神経疾患研究センター)
WS2B
○生体膜の形状を制御する分子メカニズム
伊藤 俊樹 先生 (神戸大学 バイオシグナル研究センター)

 

8/31 (Sat)

 09:30~11:00

WS3A
○小さなRNAがはたらくしくみ
泊 幸秀 先生 (東京大学 分子細胞生物学研究所)
WS3B
○V-ATPaseと二次性トランスポーターの構造・機能・生理的意義
森山 芳則 先生 (岡山大学 大学院医歯薬学総合研究所)

 14:50〜16:20

WS4A
○2光子顕微鏡によるin vivoイメージングと細胞生理機能の解析
根本 知己 先生 (北海道大学 電子科学研究所)
WS4B
○Transforming Glycoscience:生命科学変換の時、鍵は糖鎖
平林 淳 先生 (独立行政法人 産業技術総合研究所 幹細胞工学研究センター)

 

 

 

 

 

 

 

 

 








© 2018 生化学若い研究者の会 all rights reserved.