北海道支部

お知らせ 

 次回セミナーの御案内

「学振セミナー」

◯日時

2017年 1月 20日(金)18:30-20:30

○会場 

北海道大学 理学部 3号館 3階 3-309

○ご講演

温田 晃弘さん (生命科学院 細胞ダイナミクス科学研究室 M2)
(DC1採用・医歯薬/腫瘍学/腫瘍生物学)

「学振を獲得するための準備~修士の時から意識すること~」

 

染谷 真琴さん (生命科学院 行動神経生物学講座 D2)
(DC1採用・総合/脳科学/脳計測科学)

「学振を書くにあたって~兎にも角にも書いてみよう~」

 

佐藤 航さん (総合科学院 構造化学研究室 D2)
(DC2採用・生物学/生物科学/生物物理学)

「二度目の挑戦~最終目的に基づいた研究計画の再構成~」

○参加費

講演のみ参加;  100 円

懇親会まで参加; 500 円

○懇親会

講演終了後、理学部5号館4階 5-407 で 1 時間程度、行う予定です。

 

参加登録はこちらからお願いいたします。

https://goo.gl/forms/PKKTny7QgEm7tv4p2

 

 

hokkaido

私達は生化学若手の会・北海道支部として、分野の枠を越えた若手研究者のネットワークをつくることを目標に活動しています。身分・学年・専門分野を問わずいろいろな所属の人間が集い、各自が自分の研究活動に支障ない範囲で活動している研究者サークルのようなものだと思って頂ければと思います。

現在の北海道支部は植物・培養細胞・酵母など幅広い生物種を扱う生命科学系の研究者で構成されています。また、「生化学」と銘打ってありますが、その枠にとらわれず分子生物学や遺伝学的手法を用いて生物機能の研究をしている人がたくさん在籍しています。 主な活動としては2ヶ月に一度ほどのペースでメンバーの研究紹介等を行っています。セミナーは研究に支障のないよう、平日の夜7時頃から1時間半程度行っています。

 

支部メンバーの募集

 

北海道支部ではいつでも,支部メンバーを募集しています!!

・専門分野外の話をもっと聞いてみたい方

・研究室のゼミ以外で発表してみたい方

・ディスカッションの腕を磨きたい方

ぜひ、セミナーに参加してみませんか??

 

支部活動に興味を持たれた方・異分野交流に興味がある方は 北海道支部代表 船川寛矢( funakawa#ees.hokudai.ac.jp ) までお気軽にご連絡下さい( #を@にして送信してください)。

 

 

生命科学夏の学校への参加の際の交通費補助について

 

北海道支部では,北海道からの「生命科学夏の学校」への参加を促進することを目的として,北海道在住で夏の学校に参加される方に交通費補助を支給しています.支給条件として,支部メンバーである必要はありませんので,詳細を知りたいという方はお気軽に反田までご連絡ください.

 

 


 

 

活動報告

 

2012年

 

3月13日 定例支部会

北海道大学大学院理学研究院 D3 蛭田千鶴江さん 「単為生殖を行うミジンコで発見された減数しない減数分裂の解析」

北海道大学大学院生命科学院 D1 安田盛貴さん 「ユビキチンリガーゼATL31とその標的14-3-3タンパク質によるC/N応答制御」

 

 

5月23日 定例支部会

北海道大学大学院生命科学院 D2 山下由衣さん 「シロイヌナズナ CGS1 mRNA 上におけるリボソームの追突」

北海道大学大学院医学研究科 D1 林えりかさん 「ヒトLEFTY1遺伝子プロモーターを改変したKruppel-like factor 4レポーターシステムの開発」

 

 

7月13日 定例支部会

北海道大学大学院環境科学院 D1 深野透さん 「有害バイオフィルムの制御に関する研究」

北海道大学大学院総合化学院 M2 森美由紀さん 「分裂酵母のセントロメアncRNAの機能解析」

 

 

 9月20日 定例支部会(招待講演)+懇親会

中部大学応用生物学科 M1 佐竹一紘さん 「ABC輸送体の細胞内存在量に影響をおよぼす一塩基多型の探索」

広島大学大学院医歯薬保健学研究院 D2 内藤寛さん 「胃癌の分子メカニズム解明を目指して ~病理学の視点から~」

 

 

11月28日 定例支部会

北海道大学大学院生命科学院 D3 丸山洋介さん 「NSL2蛋白によって調節される植物における細胞死の機構」 

北海道大学大学院総合化学院 D1 小境夕紀さん 「脱リン酸化酵素PPM1D過剰発現による癌化メカニズムの解明」

 

 

2013年

 

 2月7日 定例支部会

北海道大学大学院生命科学院 D2 木本舞さん 「Hox因子Antpは絹糸遺伝子sericin-1の発現を制御する」

北海道大学大学院工学研究院 M2 石崎創さん 「プロトン供給促進によるバイオ燃料電池の高発電化」

 

4月15日 定例支部会

北海道大学大学院農学院 D1 吉成晃さん 「シロイヌナズナのホウ酸輸送体BOR1の細胞内輸送メ カニズムの解明を目指して」

 

6月22日 初夏の研究交流会+懇親会

8名の発表者を迎え、和やかな雰囲気の研究交流会となりました。みなさまのご協力に感謝します。

 

9月30日 定例支部会

北海道大学大学院総合化学院 M2 佐藤勇太さん 「アクチンのモータータンパク質ミオシンIIBはアイソフォーム特異的に微小管を不安定化させる」

北海道大学大学院環境科学院 M2 相原いづみさん 「シロイヌナズナホウ酸輸送体BOR1の発現制御とその意義」

 

11月19日 定例支部会

北海道大学大学院生命科学院 D2 永沼達郎さん 「『脂質=メタボ』のイメージを覆す  ~ 脂質の意外な機能 • 疾患との関連 ~」

北海道大学大学院生命科学院 M2 高橋一樹さん 「卵成熟におけるサイクリンB1 mRNAの翻訳制御」

 

 

2014年

 

 1月22日 新春セミナー+新年会

北海道大学大学院生命科学院 D3 安田盛貴さん 「植物の免疫機構 -病原体に対する植物の戦略-」

北海道大学大学院生命科学院 D3 山下由衣さん 「リボソームは急には止まらない:シロイヌナズナ CGS1 mRNA 上で起こるリボソームの翻訳アレストの研究」

 

4月25日 定例支部会

北海道大学大学院生命科学院 M2 青山翔紀さん「大気中CO2濃度の上昇は植物にどう影響するか ~C/N栄養バランス応答とユビキチンリガーゼATL31の働き~」

 北海道大学大学院医学研究科 D3 山田大翔さん「 遺伝子に刻まれた、最前線で病原体と戦う免疫機構」

 

7月24日 定例支部会

北海道大学大学院環境科学院 M2 船川寛矢さん「シロイヌナズナのガラクツロン酸転移酵素GAUT10変異によるホウ素欠乏耐性付与」

北海道大学大学院総合化学院 M2 山本沙也加さん「正常細胞と癌細胞の仁義なき戦い~細胞競合のメカニズムに切り込む~」

 

 9月27日 定例支部会(招待講演)+懇親会

大阪大学蛋白質研究所 D2 山田和哉さん 「固体NMRを用いた一細胞あたりの特定タンパク質の分子数計測~NMRが拓くシステム生物学~」

 立命館大学 専門研究員 杉田昌岳さん 「理論・シミュレーションを駆使して薬剤候補分子を探索する」

 セミナーのポスターはこちら

 

12月17日 定例支部会

北海道大学大学院農学院 M2 大橋悠文さん「リボソーム出口トンネルと新生ペプチドによる翻訳停止の研究」

北海道大学大学院総合化学院 D2 反田真登さん「異所的ヘテロクロマチン〜個体間のばらつきを生み出す仕組み〜」

 

 

2015年

 

4月14日 学振セミナー(生物物理若手の会と合同開催)

北海道大学大学院総合化学院 D3 和田隼弥さん

学振を通してみる人生設計 〜確率を1%でも上げるために1年前から出来ること〜

北海道大学大学院総合化学院 D2 齋藤沙弥佳さん

ただの「マニア」から「世に認められたマニア」になるまで

 北海道大学大学院生命科学院 D3 堤元佐さん

「三度目の正直」を「二度あることは三度ある」にしないために 〜学振リトライのススメ〜

セミナーのポスターはこちら

 

7月17日 定例支部会+懇親会

北海道大学大学院生命科学院 D2 秋田大さん「行動選択する粘菌とその数理モデル」

 熊本大学大学院自然科学研究科 D2 牟田園正敏さん「“スプライシング”と“ヘテロクロマチン”との初恋:セントロメアヘテロクロマチン形成機構の研究」

セミナーのポスターはこちら

 

11月6日 生命科学セミナー(生物物理若手の会との合同開催)

北海道大学情報科学研究科M1 山口和志さん

「マウス生体脳のin vivo 2光子イメージングにおける空間分解能の評価法の確立と応用」

北海道大学大学院総合科学院D2 渡部祐太さん

「分光学から生化学的手法を用いて明らかになったヘムの多様な生理機能」

セミナーのポスターはこちら

 

11月20日 生命科学セミナー

北海道大学大学院生命科学院 M2 友井 拓実さん 「環境変化により細胞間を通過する分子の移動は制限される」

大阪大学大学院生命機能研究科 D1 青井 啓太さん 「“見る”ことから始まる免疫細胞生物学を目指して」

セミナーのポスターはこちら

2016年

3月4日 生命科学セミナー

北海道大学大学院環境科学院M1 小原薬子さん

「超好熱性アーキアの細胞壁構成タンパク質が細胞に凝集性を与える ~Thermococcus kodakaraensis KOD1のバイオフィルム形成~」

北海道大学遺伝子病制御研究所D1 佐々木彩名さん 「細胞レベルの生存競争でがんに立ち向かう」

セミナーのポスターはこちら

3月22日 生命科学セミナー

北海道大学大学院環境科学院M2 廣口覚彦さん

「ホウ素欠乏に対する感受性が低下したシロイヌナズナ変異株の解析~植物の栄養欠乏に対する積極的な成長抑制~」

東北大学生命科学研究科脳機能解析分野D1 阿部健太さん

「ウィスカーバレル野システムにおける光遺伝学的条件付け~皮膚で光を感じるラット~」

セミナーのポスターはこちら

7月1日 蛍光イメージングセミナー

北海道大学 電子科学研究所 光細胞生理研究分野 助教  大友康平 先生

「新規光学技術によるレーザー走査型顕微鏡の高度化と生物学応用」

北海道大学大学院 先端生命科学研究院 細胞機能科学分野 助教  北村朗  先生

「蛍光イメージング法による神経変性疾患関連ミスフォールドタンパク質の凝集形成機構解析」

セミナーのポスターはこちら

12月8日 自分の研究の面白さを語る会(研究交流会)

学部4年生から博士課程の学生が11名集まり、各人の研究の面白さについてシェアしあいました。

セミナーポスターはこちら

次回のセミナーは1月20日です。








© 2015 生化学若い研究者の会 all rights reserved.