過去の活動

 

東北支部・北陸支部合同 スキーセミナー

2017年2月25日に開催した冬のセミナー、同年3月4~5日に開催したスキーセミナーの開催報告文を掲載しました。

詳細はこちらから!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東北支部・北陸支部では、このたび、二支部合同で「スキーセミナー」を開催する運びとなりました。
スキー・スノーボードを通じた交流をメインに据えた、ユニークなセミナーです。
夜には今春、修士課程を修了する学生4名による研究発表と、全員参加型の研究交流会・懇親会を予定しております。
東北最大のゲレンデを擁する冬の山形蔵王で、日頃の運動不足を解消しつつ、異分野の若手研究者との繋がりを拡げてみませんか?
以下、詳細です。全国からたくさんの皆様の参加をお待ちしております。

生化学若い研究者の会 東北支部・北陸支部合同 スキーセミナー
【主催】生化学若い研究者の会 東北支部・北陸支部
【日時】2017年3月4日(土)〜5日(日) 1泊2日
【会場】山形蔵王スキー場/ホテルルーセントタカミヤ(山形県山形市)
【参加費用】1泊2食9,180円+入湯税150円+懇親会費670円 計10,000円(リフト券、レンタル、昼食代は別途)
リフト券代(当日現地払い):1日券4,700円、2日券8,700円
用具レンタル代(希望者のみ):スキーまたはスノーボード一式1日4,500円、2日6,500円(単品のレンタルは現地申込み・払い)
※遠隔地からの参加者に交通費補助あり(申込み受付終了後に対象者には追ってご連絡します)

【セミナー演者・タイトル】
西村亮祐(東北大学 生命科学研究科 M2)
「Rho-GEF, Soloによる『力』の調節を介した上皮管腔組織の形態制御機構」
吉川彩香(東北大学 生命科学研究科 M2)
「小胞体内カルシウムイオン操作のための光感受性筋芽細胞モデルの開発」
藤田雅也 (長岡技術科学大学 工学研究科 M2)
「バクテリア細胞外膜における芳香族化合物トランスポートメカニズムの解明」
村田菜摘 (新潟大学 自然科学研究科 M2)
「超好熱性古細菌におけるリボソーム結合因子の網羅的解析とストーク結合性新規因子aYvhFの検出」


 

 

北陸支部 秋の研究セミナー

2016年11月12日に秋の研究セミナーを開催しました。多くの方にご参加いただき、北陸支部 史上最大規模の研究セミナーとなりました。多分野の研究者の方々との交流を通し自分の研究を見つめ直す良い機会になりました。

北陸支部主催の「秋の研究セミナー」を開催することが決定しましたのでお知らせ致します。
本セミナーは三部構成で「講演会・座談会・ポスターセッション」と内容盛りだくさんです。

第一部では、高エネルギー加速器研究機構(KEK) 構造生物学研究センター センター長の千田 俊哉 教授にお越しいただき、シンシナティー大学の佐々木教授、産業技術総合研究所の竹内 博士らとの共同研究によって発見された「GTPセンサー」についてご講演いただきます。第二部では、研究者のキャリアパスについてなど、参加者の皆様から募集したテーマについて千田先生も交えた参加型の座談会を行います。そして本セミナーの最後には、北陸支部初となるポスターセッションを開催いたします。ポスターセッションでは、分野を問わず様々な研究内容の発表を募集しております。分野の垣根を超えた交流の良い機会ですので、奮ってご参加、お申し込みください。
また、セミナー後には懇親会を予定しております。熱い議論を交わした仲間と呑む “新潟の美味しいお酒” はきっと格別です!!

以下、本セミナーの詳細となります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生化若手の会 北陸支部・秋の研究セミナー

【主催】生化学若い研究者の会 北陸支部

【日時】2016年11月12日(土) 14時〜17時半まで

【会場】新潟県 長岡駅前 まちなかキャンパス長岡

【参加費】無料

【内容】
第1部 講師講演
千田 俊哉 教授 (高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 構造生物学研究センター センター長)
「GTPセンサーの発見」

第2部 座談会
参加者から様々なテーマを募集し、参加型の討論を開催したいと考えております。
千田俊哉先生にもご参加いただく予定です。

テーマの例:
研究者のキャリアパスについて考える
普段の研究生活を充実されるにはどうすればよいか?
自分の研究を面白く伝えるにはどうすればよいか?
などなど。

第3部 ポスターセッション
 
希望者によるポスター形式での研究発表を行います。すでに学会で使用したポスターでも構いません。分野は問いませんので、奮ってお申し込みください。

【懇親会】
時間: 18時~20時
会場: たつみ (長岡駅前のもつ鍋が美味しい居酒屋さん)
会費: 3500円程度

【参加登録】11/10(木) まで
参加を希望される方は、以下のフォームより登録をお願い致します。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd_sTMosmGByvCYYg5OLJ3QDOIvkkxwwSF_xzZbSY4SA8BM-A/viewform

【お問い合わせ】
生化若手の会 北陸支部長 樋口 雄大 (seikawakate.hokuriku2015 [at] gmail.com)

 


北陸支部 夏の研究セミナー

北陸支部主催の夏の研究セミナーを開催することが決定致しましたのでお知らせ致します。
この度、北陸支部単独では初となる講師の先生方をお呼びした、研究セミナーを開催致します。
当セミナーは学部生からポスドクの方までを対象に、様々な研究に触れられる機会を提供するものとなっております。
まず第一部では、それぞれ異なる分野でご活躍されている2名の先生方にお越しいただき、ご自身の研究についてご紹介いただきます。また第二部では、セミナーに参加する学生のうち希望者に研究紹介を行っていただきます。普段の研究生活ではなかなか専門外の研究に触れる機会は少ないかと思います。そこで当セミナーでは、様々な分野の研究に触れる機会を提供し、自身の分野とは異なる考え方を身につけたり、幅広い視野を養う機会になればと考えております。北陸支部以外の方の参加も大歓迎ですので、奮ってご参加ください!!

以下、当セミナーの詳細となります。

生化若手の会 北陸支部・夏の研究セミナー
【主催】生化学若い研究者の会 北陸支部

【日時】2015年7月16日(土) 14時半より(懇親会 18時より)

【会場】新潟大学・五十嵐キャンパス・生命環境棟109-4,5

【参加費】無料

【内容】
 第1部 講師講演
 三好 智博 先生 (新潟大学 超域学術院 助教)
 「Argonauteタンパク質の構造と機能」
 上村 直史 先生 (長岡技術科学大学 生物機能工学専攻 助教)
 「樹木利用研究の最前線 ~プラスチックを作る微生物工場~」

 第2部 学生による研究紹介
 希望者により5分程度の研究紹介を行っていただきます。様々な分野の研究に
 触れられるいい機会になればと考えておりますので、奮ってご参加ください。
 *希望者は以下の参加登録フォームからご登録ください (学年、研究内容は問いません)

【懇親会】
 時間: 18時~20時
 会場: 新潟大学周辺のお店
 会費: 3000-3500円

【参加登録】7/15(金) 17:00まで (延長しました)
 参加を希望される方は、以下のフォームより登録をお願い致します。
 https://docs.google.com/forms/d/1cutJrINe-fy8cYdKc0miCuieRdqxtfFPGRS4m_Hol4Y/viewform

【お問い合わせ】
 生化若手の会 北陸支部長 樋口 雄大 (yhig1221’at’gmail.com)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生命科学系若手3団体合同 春の学振セミナー

2016年4月2日に東北支部、東北大学ライフサイエンス若手の会、生物物理若手の会 東北支部と合同で学振セミナーを開催しました。多くの方にお越しいただき非常に有意義な会となりました。

以下開催内容です。↓↓↓

【主催】生化学若い研究者の会 東北支部・北陸支部
    東北大学ライフサイエンス若手の会
    生物物理若手の会 東北支部
【日時】2016年4月2日(土) 14:30〜 (懇親会18:00〜)
【会場】東北大学星陵キャンパス 医学部1号館 第1講義室(B01)
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/profile/campus/01/seiryo/areab.html
【講師】荒木 拓馬先生(長岡技術科学大学 工学研究科D1、DC1(農学)採用)
    「学振を”通す”ために何をする?〜書類審査&面接を乗り越えた荒木の場合〜」
    須原 佑樹先生(東北大学 医学系研究科D2、DC1(医歯薬学)採用)
    「今日からはじめる学振対策」
    藤田 恭平先生(山形大学 理工学研究科D2、DC1(総合)採用)
    「学振特別研究員に挑戦するにあたり私が取組んだこと」
    藤原 佐知子先生(大阪大学 基礎工学研究科PD、DC2(生物学)、PD(生物学)採用)
    「学振PD応募書類作成で気をつけたこと」

 








© 2017 生化学若い研究者の会 all rights reserved.