東海支部

東海支部について

※支部名を「名古屋支部」から「東海支部」に変更しました。(2015年8月より)
東海支部では、名古屋・中部地区の若手研究者の研究に役立つ情報交換、交流を深めるための活動を行っています。通常の講演形式のセミナーや、修士の学生さん向けの発表会&フィードバック「プレゼン道場」など、生物物理若手の会と協力してのユニークな企画も開催しています。こうした活動を通して名古屋・中部地区の生命科学・生物物理学を盛り上げていきたいと考えております。セミナー情報は、東海支部セミナーのページをご覧ください。

連絡先

東海支部 支部長
名古屋大学大学院 理学研究科 D3
長江 拓也
tokai-sibu[at]seikawakate.org

支部メンバー

支部長
長江 拓也(名古屋大学 D3)

メンバー募集

東海支部の活動に興味のある方、スタッフとして企画・運営に参加してみませんか?ぜひご連絡ください。 少しでも生命科学に興味のある方でしたら、分野・所属は問いません。お待ちしております。 セミナー開催以外に、メンバーが集まっての支部会議(兼飲み会)も開催しています。 現在、学年は学部生から修士、博士課程の学生まで、分野は構造生物学、細胞生物学、分子生物学、生物無機化学、生物物理学、発生学など、幅広い分野の学生が参加しています。
登録はこちらから

活動履歴

22.07.13

 

[告知] 東海支部・夏のセミナー

7月20日15時から夏のセミナーとして、Gタンパク質共役受容体(GPCR)に関する講演会を開催いたします。本講演では、シグナル伝達に必須といっても過言ではない膜タンパク質GPCRについて学べるだけでなく、 どうやってタンパク質の研究が行われているのかを知ることができると思います。 【タイトル】 タンパク質の構造と機能 -GPCRに焦点を当てて- 【開催日程】 2022年7月20日(水) 【プロ [もっと詳しく▶︎]

20.06.12

 

過去の活動-東海支部

2014年の活動 2014/02/08「プレゼン道場」 「プレゼン道場~異分野交流戦~」 今回で4度目の開催となる合同支部セミナーです。 プレゼン道場は、大学院生および学部生を対象にした研究成果発表の場として企画されました。 修論発表、卒業研究発表を控えた学生さん達に、他分野の聴衆に対してプレゼンをしていただき、他分野の人は自分の研究のどのようなところに興味あるいは疑問を持つのかを知っ [もっと詳しく▶︎]