東北支部

 

概要

東北支部は、2009年12月に発足(活動再開)しました。
年に数回の支部セミナーを開催しており、東北地区で活動している他若手団体との合同セミナーも積極的に行っています。
年齢や興味のある分野にとらわれず交流を進めています。

 

目的

同じ生命科学系といっても、研究室によって行っている研究内容は様々です。若手の研究者とのつながりを作って、いつもと異なる考え方・視点を知る絶好の機会であり、研究室生活にちょっとしたスパイスを加えることができます。今まで分からなかった疑問も話し合って解決したり、喜びを分かりあえることができます。研究室生活が中心となっている中、生命科学について考え方を広げていきましょう。

 

メンバー募集

生化若手の会東北支部メンバーになっていただける方は、下記の連絡先まで連絡してください。
また、東北支部の運営に関わりたい方もスタッフとして大歓迎です。

 

連絡先

支部長 小日向 寛之(おびなた ひろゆき)

東北大学大学院 生命科学研究科 博士課程後期1年

hiroyuki.obinata.p5[at]dc.tohoku.ac.jp

 

2019年の活動


    生化学若い研究者の会・東北支部主催 秋のセミナー

    大学院生・若手研究者の皆様へ

    この度、生化学若い研究者の会・東北支部では、東北大学生命科学研究科教授、牧野能士先生をお呼びし、
    やってみようR基礎! ~データの整形から可視化・統計解析まで~と題してセミナーを開催します。牧野先生は、データ解析を用いて、ゲノム配列や遺伝子発現など網羅的な生命情報を用いた進化学的な研究を行っておられます。当日は、R解析の普及のため講師として初心者に向けた講習を行ってきた実績がある、牧野研究室の岩嵜航先生ご協力のもと、参加者が実際にRを操作しながらプログラミングを学ぶ予定です。初心者でもわかりやすい内容ですので、プログラミングに興味がある方はぜひご参加ください!

    参加型のセミナーであるため事前登録とR環境の事前インストールが必要です。(わからない方はサポート)
    ポスター記載のアドレス、またはQRコードよりお申し込みください。先着30名です。


    【主催】生化学若い研究者の会 東北支部
    【日時】2019年11月9日(土)14:00-17:00
    【会場】片平キャンパス 生命科学研究科プロジェクト総合棟1F 会議室A
    【講師】牧野能士先生 (東北大学生命科学研究科教授)
    【タイトル】「やってみようR基礎! ~データの整形から可視化・統計解析まで~」 科学は事実(データ)の積み重ねであり、我々は得られたデータを適切に解析・解釈しなければなりません。膨大な量のデータを手作業で整形して入力ミスをした経験はありませんか?苦労して収集したデータを使って、もっと見やすく美しい作図ができたらと思うことはありませんか?プログラミング言語を学ぶことで、形式やサイズに関わらず効率の良いデータ解析が可能になります。本セミナーでは、これまでにプログラミング言語を学習した経験がない学生を対象に、短時間で操作感覚を掴むことができるRの扱いを実習形式で紹介します。具体的にはRStudio(Rの統合開発環境)を使って、データの整形、読込、可視化、統計解析の操作を紹介します。時間が限られているため、本講習ではRの環境構築については紹介しません。参加者には、事前にRStudioのインストールと動作確認の方法について案内し、滞りなく講習が受けられるようサポートします。


    なお、17時45分より懇親会を予定しております。(会費3000円程度)こちらもぜひご参加ください.


    【参加登録】以下のフォームから参加登録をお願いいたします。締め切り:11月8日
    https://forms.gle/fPZUj6jzb7Y5pxYy9
    ※生化学会東北支部例会に参加登録していなくても、本セミナーには参加可能です。


    「プログラミング言語に興味はあっても、実際に使ったことがない。」
    「使ってみたいけど、自分一人で始めるのは難しい。」
    という生命研究科の皆さんはいませんか?今回のセミナーをプログラミングを学び始める
    きっかけにしてください!


    ※当日はスタッフが広報用にセミナー風景などを撮影し、写真を生化若手の会HPや東北支部Facebookに掲載する可能性があります。支障のある方は事前にお申し出ください。また、ご質問やご要望などございましたら、下記連絡先にお気軽にご連絡ください。みなさまのご参加をスタッフ一同、心よりお待ちしております。



    東北支部 セミナー責任者: 後藤 孝太
    seikawakate.tohoku[at]gmail.com

     



  • 生化学若い研究者の会・東北支部 & 日本生化学会・東北支部 共催 
    生物統計セミナー

大学院生・若手研究者の皆様へ

この度、生化学若い研究者の会・東北支部では、東北大学 池田郁男先生をお呼びし、生物統計セミナーを開催することとなりましたのでお知らせいたします。池田先生は機能性食品成分の肥満と動脈硬化予防作用に関する研究活動の傍ら、研究者が頭を悩ませる統計検定のセミナー講演や、生物学研究者に向けた統計検定の本を出版されるなど、生物統計のスペシャリストとして知られています。
なお、本セミナーは生化学会東北支部のご協力のもと、6月8日・9日に行われる日本生化学会東北支部第85回例会・シンポジウム内の企画の一つとして開催されます。本セミナーは支部例会に参加登録していなくても参加可能となっております。

【主催】生化学若い研究者の会 東北支部
【共催】生化学会 東北支部
【日時】2019年6月9日(日)14:00-16:00
【会場】東北大学星陵キャンパス星陵オーディトリアム講堂
【講師】池田郁男 先生 (東北大学未来科学技術センター)
【タイトル】「生命科学系研究者のためのわかりやすい生物統計」
基本を理解せずに統計検定を利用している研究者、学生が多い。本講演により、生物統計の基本を正しく理解し、実験研究に活かしていただければ幸いである。主に、標準偏差、標準誤差、t検定、分散分析、多重比較、ノンパラメトリック検定の基本的考え方からそれらの応用を解説する。
【参加登録】以下のフォームから参加登録をお願いいたします。締め切り:6月8日

Googleフォーム


※生化学会東北支部例会に参加登録していなくても、本セミナーには参加可能です。

生命科学系研究者のみなさん!データの解析をする時、ラボの後輩や学生に指導する時、統計解析について不安や疑問はありませんか?この機会に、生物統計を基本から見直し、自信を持って応用できるようになりましょう!

東北支部 セミナー責任者: 舘花
seikawakate.tohoku[at]gmail.com

【開催報告】
生化学若い研究者の会 東北支部主催、生化学会 東北支部共催 『2019 生物統計セミナー』
文責:舘花美沙子
019年6月9日(土)、『2019 生物統計セミナー』を開催いたしました。本セミナーは、生化学会 東北支部共催のもと、6月8, 9日に行われた日本生化学会東北支部第85回例会・シンポジウム内の若手企画として開催されました。講師には、東北大学未来科学技術センター教授の池田郁男先生をお呼びし、『生命科学系研究者のためのわかりやすい生物統計』と題して生物統計学の基本についてお話いただきました。生化学会に参加された方をはじめとし、大変多くの研究者・学生の皆様にご参加いただき大盛況となり、生物統計の勉強の機会が求められていることを改めて実感しました。講演では、統計の基本の考え方から各統計手法の説明まで非常にわかりやすくお話しいただき、研究室の伝統に沿って言われたままに統計解析を行うのではなく、自分が何を知りたくてこの方法を選んでいるのか、しっかり理解することが大切であると学びました。研究データの分析に欠かせない統計ではありますが、その疑問や不安を解消するような機会がなかなか無いのが現状であります。今回のセミナーは、生物統計を基本から学び直す大変良い機会となりました。池田先生、生化学会東北支部の皆様、また、ご参加いただきました皆様に改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。
 生化学若い研究者の会は今後もこのような、若手研究者にとって有意義な企画を多数開催していく予定です。研究に役立つスキルの勉強の他、研究者同士の交流、ネットワークづくりの場としても役立てていただけると思います。皆様の積極的なご参加をお待ちしております!

 

  • 生化学若い研究者の会 東北支部・学振対策セミナー

 この度、生化学若い研究者の会では「2019年 学振対策セミナー」と題しまして、
日本学術振興会のDC1,2の特別研究員(学振)に申請予定の方を対象としたセミナーを開催します!
 今回のセミナーでは実際に最近書類と面接の両方でDC1,2に採用された、 生化学の研究に携わる学生の皆さんを講師としてお呼びするので、採択に至るまでの詳細な申請書の書き方や業績づくり、
指導教官とのコミュニケーションや面接のテクニックといった実践的な方法を知ることが出来ます!

 生化学関係を研究する院生の方も、それ以外の院生の方も博士課程に進学し、学振申請する方々の一助となること間違いなしです。皆さん入場無料、入退出自由ですので、ぜひ奮ってご参加ください!セミナー後は講師の先生を交えての懇親会もございます。

生化学若い研究者の会・東北支部 2019年学振対策セミナー
【主催】生化学若い研究者の会・東北支部
【日時】2019年2月16日(土)15:00~ 2時間程度・入退出自由
【会場】東北大学附属図書館 本館2F・グローバル学習室
【参加費用】無料
【懇親会】仙台市内 予算3,000円ほど
【申し込み】以下のフォームより 締切: 2/15 23:59

https://goo.gl/forms/wA1gd97DpiOLkMiv1

【セミナー演者】
㈰丸岡 奈津美 (H31 生物系科学 DC1書類採用)
「ミジンコ女子、DC1に挑む」

㈪濱本 裕実 (H31 医歯薬学 DC1面接採用)
「面接対策:実際、4分間で何を話せっていうんだろう?」

㈫宮澤 拳 (H30 農学 DC2書類採用)
「DC1不採用の教訓を生かして」

【開催報告】
生化学若い研究者の会・東北支部主催 『2019年 学振セミナー』 開催報告文
文責:高橋祐人
 先日 2019年2月16日(土)に、東北支部主催の学振セミナーが、 東北大学川内キャンパス図書館2F・グローバル学習室で開催されました。 今年は東北大学の生化学系の研究に携わる院生で、 最近「学振DC1・DC2」に採択された学生の皆さんを講師としてお招きしました。 実際の申請書類作成のテクニックや申請までの必要な準備から、 博士後期課程進学を決めるにあたってのメリット・デメリットまで、 学振を見据えた学生にとって非常に内容が濃く、参考になるセミナーとなりました。 フロア一杯の多くの方々にお越し頂き、盛況となりました。(ありがとうございます) DC1・書類採用の丸岡奈津美さんは、”伝わる”申請書の作成で注意すべきことを話して頂きました。 DC1・面接採用の濱本裕美さんは、たった4分の学振の面接に盛り込むべきことを、経験者ならではの視点で教えてくださいました。 最後の講師のDC2・書類採用された宮澤拳さんは、「学振を通す最大の近道は原著論文を出すこと」と、そこに含まれた深い理由を含めた講義をしてくださったのが大変印象的でした。
 生化若手の会 東北支部は毎年これ位の時期に「学振セミナー」と題して、博士後期課程進学とそれに伴う学振申請にアドバンテージとなるセミナーを企画しておりますので、興味のある方は是非是非ご参加ください!

 








© 2018 生化学若い研究者の会 all rights reserved.