東北支部

 

概要

東北支部は、2009年12月に発足(活動再開)しました。
年に数回の支部セミナーを開催しており、東北地区で活動している他若手団体との合同セミナーも積極的に行っています。
また、東北大学の学部生向けの勉強会(自主ゼミ)も週1回のペースで開催しています。
他の支部と比べても平均年齢が低い支部ですが、年齢や興味のある分野にとらわれず交流を進めています。

 

目的

同じ生命科学系といっても、研究室によって行っている研究内容は様々です。若手の研究者とのつながりを作って、いつもと異なる考え方・視点を知る絶好の機会であり、研究室生活にちょっとしたスパイスを加えることができます。今まで分からなかった疑問も話し合って解決したり、喜びを分かりあえることができます。研究室生活が中心となっている中、生命科学について考え方を広げていきましょう。

 

メンバー募集

生化若手の会東北支部メンバーになっていただける方は、下記の連絡先まで連絡してください。
また、東北支部の運営に関わりたい方もスタッフとして大歓迎です。

 

連絡先

支部長 永井 正義(ながい まさよし)

東北大学大学院 医学系研究科 博士課程(医学履修課程)  3年

masayoshi.nagai.s4[at]dc.tohoku.ac.jp

 

2018年の活動

  • 生化学若い研究者の会 東北支部 初夏のセミナー

東北支部より初夏のセミナー開催のお知らせです。

「生命科学の今を知る」という趣旨のもと、生化学若手の会東北支部主催「初夏のセミナー」を開催する事となりました!
 新年度をむかえ研究生活が始まると、自分の研究分野以外に触れることのできる機会はあまり多くありません。そこで今回は、各分野の第一線でご活躍されている2名の講師の方々にご講演いただきます。大学院で行われる、最先端かつ特色ある生命科学研究に触れることのできる貴重な機会となっております。自身の研究分野に関わらずとも、今後の研究に活かせるヒントを得られるはずです。先輩・同期・後輩をお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
セミナー後には、懇親会を予定しております。懇親会からのご参加も可能です。
(登録締切6/15)
「東北支部主催 初夏のセミナー‐生命科学の今を知る‐」
日時:6月16日(土)15時~  18:00 ~ 懇親会(参加費3500円程度)
場所:東北大学星陵キャンパス 教育研究基盤棟2階 医学部第一セミナー室
参加費:無料
・講演1 
  ・勝岡 史城 先生 
   東北大学東北メディカル・メガバンク機構 シークエンス解析室長 
   東北大学大学院 医学系研究科 医化学分野 准教授
  ・演題「ヒトゲノムはどこまで解読できたのか」
・講演2
  ・安部 健太郎 先生
   東北大学大学院 生命科学研究科  脳機能発達分野 教授
  ・演題「小鳥が伝えること」
本セミナーに関しましてのお問い合わせは下記東北支部メールアドレスまでご連絡ください。
東北支部メールアドレス:seikawakate.tohoku@gmail.com

それでは、皆様のご参加お待ちしております。

【開催報告】

『初夏のセミナー —生命科学の今を知る—』開催報告文  文責:安達紗希

2018年6月16日(土)に、『初夏のセミナー —生命科学の今を知る—』を開催いたしました。
講師には東北メディカル・メガバンク機構の勝岡史城先生と、東北大学大学院・生命科学研究科の安部健太郎先生のお二人をお呼びしました。勝岡先生には「ヒトゲノムはどこまで解読できたのか」と題して、最新のゲノム解析について分かりやすくユーモアを交えてお話しいただきました。安部先生からは「小鳥が伝えること」と題して、独自の視点から小鳥の鳴き声と社会性に関する最新の研究についてお話しいただきました。ご講演の後にはたくさんの質問が挙がり、活発な議論が行われました。参加した方々にとっては今後の研究をより充実させるためにも、非常に実りあるセミナーになったのではないでしょうか。

若手の会は今後もこのような有意義な活動を多数開催していきます。若手研究者の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 

  • 生化学若い研究者の会 北陸支部・東北支部合同 スキーセミナー

この度、北陸支部・東北支部の二支部合同で「スキーセミナー」を開催する運びとなりました。
スキー・スノーボードを通じた交流をメインに据えた、ユニークなセミナーです。
夜には学生4名による研究発表と、全員参加型の研究交流会・懇親会を予定しております。
東北最大のゲレンデを擁する冬の山形蔵王で、日頃の運動不足を解消しつつ、異分野の若手研究者との繋がりを拡げてみませんか?
以下、詳細です。全国からたくさんの皆様の参加をお待ちしております!!

生化学若い研究者の会 北陸支部・東北支部合同 スキーセミナー
【主催】生化学若い研究者の会 北陸支部・東北支部
【日時】2017年3月10日(土)〜11日(日) 1泊2日
【会場】山形蔵王スキー場/ZAOセンタープラザ(山形県山形市)
【参加費用】1泊2食 9,500円 (懇親会費、入湯税、消費税込) * 昼食代は含まれません
【リフト券】1日リフト券 3,500円、2日リフト券 7,000円
【レンタル代】スキーまたはスノーボード一式 1日のみ 4,500円、2日間 6,500円
【駐車料金】1台につき、1泊1,000円 (当日支払い)
* 遠方からの参加者に交通費補助あり(申込み受付終了後に対象者には追ってご連絡します)
【アメニティ】歯ブラシ、タオル、バスタオル
【無料送迎バス】仙台-山形蔵王 *希望する方はフォームにてお申込ください。
仙台発: 3/10(土) 9:00
蔵王発: 3/11(日) 9:00  

【申し込み】以下のフォームより 締切: 2/23 (金) *定員に達し次第受付終了
https://goo.gl/forms/dZyBFMcX3mn8hHuU2
【宿泊料金振込締め切り】2/28 (水) (宿泊費、リフト券代、レンタル代をまとめてお振り込みください)
北陸支部:ゆうちょ銀行  一二八 (読み イチニハチ)支店 4068269 セイカガクワカイケンキュウシャノカイ ホクリクシブ
* 入金後1週間経っても当会から入金確認の連絡がない場合は、お手数ですが各支部までお問い合わせください。

【日程】* 時間については変更になる場合がございます。
1日目(3月10日(土))
10:30 現地(ZAOセンタープラザ)集合、顔合わせ
11:00- スキー
(昼食 各自)
-17:00 スキー
18:30 夕食
20:00-21:30 セミナー(学生による研究発表 質疑応答込み20分×4名)
21:30-22:30 研究交流会
22:30- 懇親会

2日目(3月11日(日))
8:00 朝食
9:00- スキー
(自由解散)

【セミナー演者】
樋口雄大 (長岡技術科学大学 工学研究科 D2)
「バクテリア由来リグニン由来芳香族化合物代謝酵素群の機能と生理学的意義」
大城幸太 (長岡技術科学大学 工学研究科 M1)
「Rhodosporidium toruloidesにおける高付加価値油脂生産系の確立」
林真貴子 (東北大学 医学系研究科 D2)
「大学院・研究生活を充実させるために 〜何ができるか一緒に考えたい〜」
植本俊明 (東北大学 生命科学研究科 D1)
「魚類を用いた器官再生研究:ヒレの形態はどのように再生するのか?」

【注意事項】
定員に達した時点で申込み受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
申込み後のキャンセルはやむを得ない事情を除いて承ることができませんので、予めご了承ください。
傷害保険が必要な方は各自で加入をお願いします(主催者での取りまとめは行いません)。

【お問い合わせ】
北陸支部:seikawakate.hokuriku2015[at]gmail.com
東北支部:seikawakate.tohoku[at]gmail.com

【開催報告】

2018『スキーセミナー』開催報告文 文責:小日向

2018 年 3 月 10 日~11日にかけて、生化学若い研究者の会・東北支部と北陸支部の共催で、 『スキーセミナー』を開催いたしました。『スキーセミナー』は昨年度に引き続き2回目の開催にでした。今年のスキー場は人も少なく、落ち着いて滑ることが出来ました。ただ、雪が少なく有名な樹氷は見ることが出来ず残念でした。こうした合宿型のセミナーでは、時間がある分いつも以上に様々なことを深く、多くの人と話すことが出来ます。研究室の柵も忘れ、申請書の作成も忘れ、溜まった実験の事も忘れ、楽しく過ごすことが出来たと思います。まだ参加したことのない みなさまの参加を心よりお待ちしております。








© 2018 生化学若い研究者の会 all rights reserved.